find us on facebook  Twitter  マシュー&カロンWEB

<< MENU

MK新聞

今号の紙面

2018年(平成30年)11月1日発行 第868号

868号1面
MK新聞をPDFファイルでご覧になれます。
MK新聞平成30年11月1日付868号(16.4MB)
1面
拝啓 国土交通大臣 石井啓一殿
今こそ、タクシーの未来を決する分水嶺㉖
 サービスの質の向上が
 ハイヤーブランド価値の源泉
2面
京都MK・滋賀MK
 自動日報システムを導入 今後の機能追加に期待
京都・大阪・神戸・札幌
 通訳スタッフが添乗する
 「添乗通訳サービス」を拡大リニューアル
リニューアルオープンして
  さらにパワーアップした Ciel.NET西院
人格の完成と安全運転の徹底
 京都MK・滋賀MK 秋期研修実施
3面
もっと知りたい!古典芸能
今日のdinnerはプロの味
 ~マッシュルームのポタージュ カプチーノ仕立て~
BOOK 「京都手帖2019」,「京ごよみ手帳2019」
書籍ランキング
4面
葉根たより23
スポーツの秋!
 今年も盛り上がりを見せた MKグループ体育祭
5面
海外研修レポート⑧ ~海外研修を終えて~
6面
MK京都紀行 秋
7面
MKトラベル 日帰りバスツアー
8面
TACPO NEWS
ロボホン係長の業務日誌①
大相撲京都場所 福祉施設の方をご招待
頑張れ!!京都サンガFC
9面
世相と法律 ~看護師の自主性~
フットハットがゆく!<300>
本だけ眺めて暮らしたい<367>
10面
11月の運勢
グローバル・ビジネス・レポート <67>
私のひとりごと ~私のプチ旅行記~
11面
インフォメーション
プレゼントコーナー
12面
中高生1000人の京都検定チャレンジを応援


(1面記事より)

拝啓 国土交通大臣 石井 啓一 殿
今こそ、タクシーの未来を決する分水嶺26
サービスの質の向上が
ハイヤーブランド価値の源泉

エムケイ株式会社 代表取締役社長 青木信明


関空国際線は過去最高更新 インバウンドはますます活況

 本年9月の台風の影響で長らく通行制限がかけられていた関西空港連絡橋も復旧し本格的に旅客数の回復へと進んでいます。関西国際空港の発表によると2018年上期の国際線の旅客数は大阪北部地震や台風の影響があったものの過去最高を記録しています。今後ますます日本を訪れる外国人観光客の方々は増え続けることでしょう。同時にそれは我々の受け入れ体制の整備が必要であることを意味します。
 MKでは30年前から国際観光都市京都にふさわしいタクシー・ハイヤーサービスを展開するためにハイヤー専門の部門を設立し英国留学制度をはじめとする英会話ドライバーの育成に注力し、現在では100名近いドライバーが外国語で観光のお供をすることができるようになり、国際会議やイベントなどで送迎を担当させていただいております。車両ラインナップもセダン型ハイヤー以外にもアルファードやミニバンなど積極的に導入し、快適な車内空間、スーツケースを積めるスペース、5〜6名の乗車定員でご家族やグループで利用しやすい環境で空港送迎や観光に活躍しています。

通訳添乗サービス開始 台湾での営業活動も

 現在訪日観光客の約8割以上がアジア圏から来られています。MKは一昨年に台湾の最大手のタクシー会社である「台灣大車隊」と業務提携を行い相互に日本・台湾のお客様の利便性向上に努めてまいりましたが、本年台湾にインバウンド誘客のための営業拠点を本格的に設置したこともあり、中国語ドライバーの育成にも力を入れ始めました。
 しかしながら中国語観光ドライバーは需要に対して圧倒的に不足しているため、このたび中国語はじめ韓国語、英語などの通訳者を車両に添乗させドライバーの案内を通訳するサービスを本格的に開始しました。

ハイヤー主体の構造に 転換する理由とは

 私は近年「脱タクシー」としてハイヤーサービスの強化を進めるべく、前述のとおり車両構成比率の変更や、ハイヤー候補生として学卒者のトラベルコーディネーター採用を積極的に行ってきました。高卒トラベルコーディネーターも二種免許取得に必要な期間を内勤で勉強し、ようやく一期生が観光ドライバーとして活躍を始めました。
 背景にはインバウンド需要の高まりがもちろんありますが、その先のこととして完全自動運転技術が確立すればA地点からB地点への単純な移動は無人タクシーが担う時代が必ず訪れるという確信があるからです。それは10年先かもしれませんし20年先かもしれません。つい数年前まで思いもしなかったことですが、自動運転技術の開発に世界的IT企業が次々と参入し、公道での実証実験が行われるなど、そのスピード感には目を見張ります。
 その時、「人が介するからこそ生まれる価値」を提供することがハイヤーサービスの存在価値であり、私たちが目指すステージなのです。

全役職員社員の教育を 一からやり直します

 目指すステージに上がるためにはサービスの質の向上が不可欠ですが、それはお金で買える高級な車両を揃えるということでありません。主役は人であり、ドライバーの質の向上が必要です。
 そのためにはMKの社是である「我らの信念」の一つ「我らは学習に心がけ人格の完成に努めなければならない」の実践を私も含めて全役職員社員が行うことです。働きやすい安定した環境で仕事することによりお客様に質の高いサービスを提供し、お客様にご満足いただきその結果として会社の収益性を高める、そのような好循環を作っていきます。労働時間を削減しつつ所得を今より向上させるためには無駄を削減し高付加価値を生み出さなければなりません。いよいよ自動日報システムが本格稼働し始めましたし、現在管理職を中心にビジネスセミナーを受講するなど学習環境を整備していますが、対象をハイヤードライバーから順次広げ、個人のスキルアップを支援する仕組みを作ります。若いトラベルコーディネーターとベテランドライバーの融合を図り、活力ある組織にしていきます。2020年を目安に強靭な組織体制を作り、個々人の能力を引き上げてブランド力を強化することをここに約束します。