vol.11 英国 海外研修報告(平成27年6~8月)

MKの海外研修制度

MKでは昨年より海外研修制度を強化し、新制度を開始しました。
平成4年より開始した英国留学制度では、毎年2~5名を1ヵ月間イギリスに語学研修に派遣しておりましたが、新制度ではより各人のレベルに見合った能力向上を図るため、期間や行先を変えた上級・中級・初級の3つのコースを設定し、年3回の派遣、1年におよそ40名を派遣する予定です。
新制度2回目となる今回は、全員が中級コースのイギリス・ボーンマスへ2ヵ月間滞在しました。京都MKハイヤー課の朝倉陽太郎社員、岡本紘明社員、熊倉隆太社員、田中秀明社員、名古屋MKの杉浦勝巳社員の5名が6月27日に出発。去る8月23日、研修を終えて帰国いたしました。

出発式で
出発式で

ハイヤー課 朝倉陽太郎社員(入社6年目 ※派遣時)


出発直前インタビュー
朝倉陽太郎社員

英国留学を志望された理由は?
MKに入って外国のお客様と接する機会が幾度かあり、その都度外国のお客様に本当に伝えたいことが思うように伝えられない歯がゆさを感じ、もう一度集中的に英語を勉強させていただきたい、という強い思いで志望いたしました。

出発が近付いてきましたが、今の気持ちは?
2ヵ月という期間は長く思えて、行ってしまえばあっという間に過ぎていくと思います。
その間にどれだけたくさんの出会いと勉強、文化交流、素晴らしい経験ができるのかと、今から楽しみでたまりません。


意気込みを一言
MKを代表して行かせていただくという気持ちでしっかりと勉強に励み、戻った際には世界にMKを発信し、ESD(English Speaking Driver:英会話ドライバー)として海外からのお客様に京都、そして日本を伝えていきたいと思います。


海外研修レポート

人生2度目の留学

今回留学させていただけることが決定してから若い頃に留学していたときのことを思い返してみました。
思えば今から25年前の25歳のとき、私はオーストラリアのシドニーで暮らしていていました。
オペラハウス近くの語学学校で英語を学び、その後現地ツアーコーディネーターとして働き、今でもそのときにできた思い出や友人は私の宝物です。
そしてシドニーは私の第2の故郷です。

あれから25年、50歳になった私の次の行き先はイギリスのボーンマスという海岸近くのリゾート地。
2度の留学が、生まれて4半世紀ごとに起こったことに不思議な思いを感じながら、今回はどんな生活が待っているのだろう。
行かせていただくからには1分1秒も無駄にせず勉学に励み、多くの外国の方とコミュニケーションをはかり、スキルアップをしながら思いっきり楽しんで来ようと心に決め、イギリスへ出発しました。


学校生活スタート

学校に到着すると、同じ日から入学する方々がたくさんいました。
ほとんどが20歳くらいの若者で、北半球が夏休みに入る期間を利用して留学している方がほとんどなので、私が話しかけて英語が話せるとわかるとどんどん輪が広がり、初日から多くの仲間ができました。

2日目は毎週火曜日に行われるActivityで毎週新入生歓迎イベントが行われるのですが、私たちの週はビーチバレーとBBQでした。
もちろん私も若者たちに負けじと参加し、ともに楽しみました。

学校の前でみんな一緒に
学校の前でみんな一緒に(左から6人目が朝倉社員)

Free Conversation Lesson

毎週月曜日にYatesというパブで19時~22時頃までドリンク1杯買えば受けられるフリーレッスンを受けました。
先生役はリタイヤされた方や教師を目指している人など様々で、毎週150人以上の人が参加されているのです。
ここでは学校では習わないような単語や文章が覚えられたので、語彙や会話力アップに最適でした。


ブルームーンの奇跡

数百年に一度の光景を仲間たちと共有
数百年に一度の光景を仲間たちと共有

ボーンマスのビーチでは8月に入ると毎週金曜日の夜10時に花火が打ち上がります。
8月最初の花火はなんとブルームーンの夜。
曇りの日が多い現地でその日は快晴!ヨーロッパの仲間たちとビーチでブルームーンを見ながらビールを片手に談笑し、花火の打ち上がるときを待っていると、パンパンと大きな音を立てて夜空に光の花が咲き皆の視線を釘付けにしました。
海の上に浮かんだ月と打ち上げ花火のコントラストがまさに幻想的です。
なんとブルームーンが打ち上げ花火の日に晴れてはっきり見えるのは数百年に一回だそうで、それを仲間たちと一緒に共有できたことに、まさに奇跡を感じたのです。


忘れられない一言

ある日学校の入り口近くで座っていると、とてもかわいらしい女性が気さくに話しかけてきてくれました。
彼女はスペイン人のパウラ。パウラはハイテクのエンジニアリングを勉強しており、日本のハイテク技術は素晴らしいので日本に行って勉強したい、日本の文化や料理にも興味があると言っていました。
数日後パウラから紹介されたのが同じスペイン人のシルビア。すぐに私たち3人は意気投合し、彼女らの住んでいるレジデンスに行って一緒に料理を作って食べたりするようになりました。
彼女たちはとてもかわいくモテるので、私と親しくしているのが気に食わない男の子がおり、ある日目の前で「なんでいつもこのおっさんと遊んでいるの?」と彼女たちに聞いたのです。
それを聞いた彼女たちは「Ash(現地での私の名前)is always with us!」と腕を絡めて言ってくれたのです!
あのときの言葉が本当に嬉しく、今でも耳に残っています。

Always with us!
Always with us!

日本の文化を紹介

いろんな国の人々に日本文化を少しでも紹介できればと思っていたところ、絶好の機会が巡ってきました!
それは私が留学中に企画した唯一のイベントで、Nippon Innという日本食のレストランでクラスメイトのペリンというトルコ人の女の子のバースデーパーティを行ったのです。
そこに日本で作り方を覚えていった新聞紙の兜を作って持っていき、こちらも日本から持っていったおもちゃの日本刀で日本古来の文化を紹介したのです。

メインイベントは、その日のQueenとKingをあみだくじで選び、「Queenに選ばれた方には日本で最も美人だとされるお面、Kingに選ばれた方には最もハンサムだとされるお面を差し上げます」という内容でした。
全員目を閉じもらいながらその2人にはお面をつけてもらい、一斉に目を開けてもらった瞬間の大爆笑! お面はオカメとひょっとこです!
学校の多くの仲間や先生らも参加してくれて、とても楽しいと言ってくれ大満足でした。


夏の夢の終わり

朝晩に少しずつ秋の気配を感じられるようになって来た8月末帰国前夜、イギリスで過ごした2ヵ月を振り返ってみました。
学校に行けばハイタッチやハグをして挨拶をし、授業が終わればビーチやカフェやパブに行って話し、時にはディスコで踊り明かし、カラオケパーティに参加しました。
友人になった現地在住の方の自宅へ招待していただき食事をごちそうになったり、先に国に帰る仲間を寂しくも明るく見送ったりもしました。

そのほか数えきれないほどの思い出を一緒に作ってくれた仲間たちに会いたい、そして私の第3の故郷となったボーンマスに帰りたい。
最後に心の中で、仲間たちとボーンマスにサヨナラと言いながら、日本に帰国しました。