vol.10 英国 海外研修報告(平成27年6~8月)

MKの海外研修制度

MKでは昨年より海外研修制度を強化し、新制度を開始しました。
平成4年より開始した英国留学制度では、毎年2~5名を1ヵ月間イギリスに語学研修に派遣しておりましたが、新制度ではより各人のレベルに見合った能力向上を図るため、期間や行先を変えた上級・中級・初級の3つのコースを設定し、年3回の派遣、1年におよそ40名を派遣する予定です。
新制度2回目となる今回は、全員が中級コースのイギリス・ボーンマスへ2ヵ月間滞在しました。京都MKハイヤー課の朝倉陽太郎社員、岡本紘明社員、熊倉隆太社員、田中秀明社員、名古屋MKの杉浦勝巳社員の5名が6月27日に出発。去る8月23日、研修を終えて帰国いたしました。

出発式で
出発式で

ハイヤー課 田中秀明社員(入社11年目 ※派遣時)


出発直前インタビュー
田中秀明社員

英国留学を志望された理由は?
今まで、外国のお客様のお仕事は、通訳ガイド様を通してばかりでした。
私自身の最高のサービスを私自身の言葉で外国のお客様にご案内したいのと、英語力を身につけるには現地に住んで勉強するのが最短コースと考えたためです。

出発が近付いてきましたが、今の気持ちは?
不安は、ポンド高ぐらいなものですかね。
今まで短期間の外国滞在は多数経験しておりますので、今回2ヵ月だからといって不安な思いになるというのは全くございません。むしろテンションMAXです。


意気込みを一言
留学中は、他の国からの留学生と、最大限コミュニケーションをとりつつ、お互いが成長しあえるような環境を作っていきたいと考えます。
帰ってきたら、秋のベストシーズンに向けて、今までやってきた英語の勉強を自分なりに継続するのみです。
楽しみながら頑張ります。


海外研修レポート

おかげさまで無事帰国することができました。
イギリスにて2ヵ月間という貴重な経験をさせてもらい、大変感謝しております。ありがとうございました。
私自身は海外へはよく出かける方ですので、最初特に緊張することもなく、楽しみな気持ちだけを胸に秘めながらイギリスへと出発しました。
そして帰国した今、結果的には、その通りになったと確信いたしました。


たくさんの親友ができたクラス

今回私がお世話になったホストファミリーはホストマザーお1人とハウスメートが7人という大家族のような雰囲気の家でした。
全員がフレンドリーでしたので、すぐになじむことができました。
家のルールがあり、それを全て把握するのに少し時間を要しましたが、みんなが進んで教えてくれたので大変助かりました。
学校まで徒歩20分ぐらいと比較的近く、夏のベストシーズンでしたので天候も安定していて、大変過ごしやすかったです。

かけがえのない宝物!
かけがえのない宝物!

学校では、私は最初から最後まで同じクラスでした。
私のクラスメンバーは私と同じように最初からずっと変わらず同じクラスのままの生徒が多かったので、たくさんの親友ができました。
私のクラスはトルコ人が多く、その次にスペイン人、ドイツ人、オマーン人、イタリア人、コロンビア人、サウジアラビア人といった感じで、途中多少入れ替わりなどがありましたが、いつも10~16人の編成で、授業は大変充実しておりました。
当たり前ですが、授業内容は全て英語で行われますので、最初の頃は質問さえも理解するのに辞書で調べながらという感じでした。
例えばpresent perfect(現在完了)などの単語は、2ヵ月を通して頻繁に使われましたので、最初から覚えておかなければ大変苦労すると感じました。
最初は、先生や生徒全員が初顔合わせであることもあって緊張感がありましたので、それらをほぐす意味も含めて、自ら冗談を言ったり、持ち前のいつもの明るさで振舞ったりしたこともあって我がクラスはかなり早くに打ち解けたと感じました。

みんなが明るくなったおかげで、クラスに一体感が出て英語を学ぶにあたって最高の環境になったと同時に、私にとってもこれから生きていく上で大切ないろんな国の友達ができました。
帰国して思ったのですが、英語が上達するにあたって、この2ヵ月の授業はとても自身のためになっているのですが、何よりも同じ環境で英語を習った友達と末永く付き合っていくこと自体が今後の一番効率的な英語の勉強になり、私の人生においてもかけがえのない宝物ができたと確信しております。


学外でも行動力!


画面左下が田中社員

その他、もちろん学校内だけではありません。学校が終わるとクラスメートとパブに行ったり、ビーチで散歩をしながら話したり、たまにはみんなで隣町やロンドンに行ったりと、あらゆる行動力を発揮できました。
最後の週には、パリやモンサンミッシェルにもプチ旅行に行きました。
週末はスクールトリップにてあらゆる方面に行くことができるツアーがあったのですが、今回私は友達と手配しあって、全てスクールトリップを使うことなく行きました。
場合によっては、それらを活用した方がよいケースもあるかと思います。

最後に、このような貴重な経験をさせていただき、会社や関係者、励ましていただいた皆様全員に大変感謝をしております。ありがとうございました。


MK新聞平成27年8月1日号、平成28年2月1日号を再構成したものです。掲載されている情報は掲載時のものです。
Open Matome でもご覧いただけます。