vol.8 英国 海外研修報告(平成27年6~8月)

MKの海外研修制度

MKでは昨年より海外研修制度を強化し、新制度を開始しました。
平成4年より開始した英国留学制度では、毎年2~5名を1ヵ月間イギリスに語学研修に派遣しておりましたが、新制度ではより各人のレベルに見合った能力向上を図るため、期間や行先を変えた上級・中級・初級の3つのコースを設定し、年3回の派遣、1年におよそ40名を派遣する予定です。
新制度2回目となる今回は、全員が中級コースのイギリス・ボーンマスへ2ヵ月間滞在しました。京都MKハイヤー課の朝倉陽太郎社員、岡本紘明社員、熊倉隆太社員、田中秀明社員、名古屋MKの杉浦勝巳社員の5名が6月27日に出発。去る8月23日、研修を終えて帰国いたしました。

出発式で
出発式で

ハイヤー課 熊倉隆太社員(入社6年目 ※派遣時)

出発直前インタビュー
熊倉隆太社員

英国留学を志望された理由は?
私は幼い頃海外で生活をしていた経験があり、そのおかげで英語を聞き取ることはできました。
しかし、話すとなると思うようにできず、英語力のなさをいつも申し訳なく思っていました。
今回の留学に参加させていただくことで、きちんと伝える力を身につけ、よりよい仕事をしたいと思っています。

出発が近付いてきましたが、今の気持ちは?
不安が大きくあるのも確かですが、楽しみな気持ちを大事にし、何でも経験してみたいと思います。
多くの友人を作り、しっかりと勉強してまいります。


意気込みを一言
海外留学で学んだことを活かし、文化や風習の違いを楽しく伝えながら、満足していただけるドライバーとなるべく努力してまいります。
イギリスではホストファミリーや学校の人々とコミュニケーションをとり、多くのことを語り合い、経験して、無事に帰国したいと思います。


海外研修レポート

初めてのホームステイ

私たち5名は6月23日に日本を出国し、約2ヵ月間イギリスのボーンマスというところで語学研修を受けさせていただきました。
私自身は幼い頃海外での生活を経験してはいましたが、今回は初めてのホームステイであり、少々緊張をしながらの訪問となりました。
ホームステイ先のホストファミリーは玄関を開けるなりとても温かく迎えてくださり、安心したのを覚えております。
ホストファミリーはファザーとマザーと1匹のワンコ、翌日にはトルコから17歳も年下の男の子、と比較的少人数での生活が始まりました。

ホストファミリーと
ホストファミリーと(左端が熊倉社員)

ホームステイ先から学校までは徒歩で40分の距離で、はじめはバスで毎日通うのだろうと思っておりましたが、実際に歩いてみたところ、周りの景色もよく、適度な気温も気持ちよく、と日頃の運動不足を解消するにちょうど適した距離であり、結局2ヵ月歩いての通学となりました。(お陰様で少々のダイエットにも成功いたしました)


正しい英語を話す

学校は夏休みということもあり、世界中から多くの生徒が語学留学に来ていました。
国籍、言語も様々で、特にトルコ、サウジアラビアからの生徒が多かったように思います。
初めての授業は緊張の中始まり、授業についていけるのか、先生方、クラスメートとコミュニケーションがとれるのか不安でした。

実際に始まってみれば先生方の丁寧な教え方に助けられながら、何とか授業についていくことができ、4週間後のテストではクラスレベルも上げることができました。
しかし英語を学ぶための説明が英語ですから、キーワードを聞き逃して、理解できぬまま授業が進んでくと、帰ってからの復習、予習に多くの時間を使いました。
こういったことも貴重な経験であったと思っております。

ホワイトボードにはアルファベットばかり
ホワイトボードにはアルファベットばかり

お陰様で8週間の間にリスニングについては自分でもしっかり聞き取りができてきたのを実感しました。
しかし、授業のレベルが上がり文法、単語を理解するにつれて、今まで自分がいかに適当な英語を喋っていたかを実感し、それ故に以前よりしゃべる際に時間がかかるようになってしまいました。
これは今後、語学学習の継続によって解決していければと思っております。
今回の留学を経て正しい英語をしっかりと学ぶ大きなきっかけとなっただけでなく、より興味を持って取り組む姿勢ができたと思っております。


学外の時間
ロンドン、衛兵の行進
ロンドン、衛兵の行進

放課後には多くの生徒たちとお互いの母国料理を紹介し、食べに行って料理の説明をしたり、時にはそれぞれのステイ先でお互いに料理を作りあったりもしました。
特にトルコ料理のデザートは私の大好物となりました。

休日は多くの場所を訪れ、積極的に多くの人々と交流することができました。ボーンマス内だけでなくロンドン、プールシティ、ポーツマス、最終週にはパリ、とイギリス国内だけでなくヨーロッパもまわることができました。
当然バス、電車、宿等の手配も自分たちで行いましたので、コミュニケーションの練習にもなりました(もっとも練習相手になった方々は気の毒ですが)。


ロンドン、パリには多くの美術館、博物館があり、教科書でしか見たことのない絵画や彫刻など素晴らしい美術品に触れることができました。

今回8週間という長いようでとても短い期間の中、多くの経験をさせていただき、これらの経験を今後の仕事につなげて行きたく思っております。
最後になりますが、会社の方々を始め多くの方々に言葉にできないくらいの感謝をさせていただきます。
本当に自分の人生において最も思い出に残る夏となりました。
ありがとうございました


MK新聞平成27年8月1日号、12月1日号を再構成したものです。掲載されている情報は掲載時のものです。
Open Matome でもご覧いただけます。