vol.7 英国 海外研修報告(平成27年6~8月)

MKの海外研修制度

MKでは昨年より海外研修制度を強化し、新制度を開始しました。
平成4年より開始した英国留学制度では、毎年2~5名を1ヵ月間イギリスに語学研修に派遣しておりましたが、新制度ではより各人のレベルに見合った能力向上を図るため、期間や行先を変えた上級・中級・初級の3つのコースを設定し、年3回の派遣、1年におよそ40名を派遣する予定です。
新制度2回目となる今回は、全員が中級コースのイギリス・ボーンマスへ2ヵ月間滞在しました。京都MKハイヤー課の朝倉陽太郎社員、岡本紘明社員、熊倉隆太社員、田中秀明社員、名古屋MKの杉浦勝巳社員の5名が6月27日に出発。去る8月23日、研修を終えて帰国いたしました。

出発式で
出発式で

ハイヤー課 岡本紘明社員(入社14年目 ※派遣時)

出発直前インタビュー
岡本紘明社員

英国留学を志望された理由は?
京都を訪れる外国人旅行者の数は年々増加し、それに伴い英語を必要とする仕事も増えてきています。
そんななか、ハイヤー課のドライバーとして今後やっていくには英語は必要不可欠だと感じるようになり、留学を希望しました。

出発が近付いてきましたが、今の気持ちは?
2ヵ月もの間、家族を日本に残し、イギリスで生活することに対して正直かなり不安はあります。
ただ、不慣れな地で自分がどれだけ対応し、レベルアップできるかという期待も非常に大きいです。


意気込みを一言
英語のレベルアップだけでなく、イギリスやいろいろな国から来られる方々と触れ合い、異国の文化や歴史を直接肌で感じてきたいと思います。
帰国後も英語の勉強を続け、早くESD(English Speaking Driver:英会話ドライバー)として認められるよう頑張りたいと思います。


海外研修レポート

このたびは2ヵ月間のイギリス・ボーンマスへの留学という大変貴重な経験をさせていただき、誠にありがとうございました。
とても有意義な2ヵ月間で、私にとって最高の思い出になりました。
青木社長はじめ、職員の皆様、ドライバーの皆様、心より御礼申し上げます。


初めての海外生活

今まで海外旅行には何度も行ったことがありましたが、海外での生活、しかも2ヵ月もの期間ホームステイし初対面の日本語の通じない家族と一緒に過ごすというのはもちろん初めての経験で、とりあえず不安でいっぱいでした。

イギリス・ヒースロー空港に到着し、そこからボーンマスまでさらに2時間かけてホームステイ先に到着しました。
緊張しながら家に入ると、家族全員で私を迎えてくれました。

ホームステイ先にて
ホームステイ先にて(後列右から2人目が岡本社員)

両親はとても親切で優しく、ハウスメート5人はみんな明るくいい子ばかりでとても安心したのを覚えています。
ただ、緊張のあまりまったく英語が出てこず、頭が真っ白になって何もしゃべれず、初めはただみんなの話を聞いていただけでした…。

私の部屋はダブルベッドにトイレ、シャワー付きでとても広くて綺麗で、想像以上によい部屋でビックリしました。
家のすぐ近くには店やレストランもたくさんあり、バス停も徒歩数分と立地条件は最高でした。


学校

出身が様々なクラスメートたち
出身が様々なクラスメートたち

夏のイギリスは京都と違い、気温は毎日20~23℃くらいで、湿気は少なく、雨もあまり降らない最高の気候でしたので、学校までは毎日30~40分歩いて通っていました。
夏休み期間ということで、授業は毎日14時10分スタートで1時間半の授業が2コマだけで、毎日朝は散歩したり友達とカフェに行ったりとゆっくりした時間を過ごせました。


私のクラスはトルコ人とアラブ人の生徒がとても多く、独特のイントネーションだったので彼らの英語を聞き取るのに初めはかなり苦労しました。
授業でも最初の数週間は先生の言っていることが全然理解できず、全く授業についていけませんでした。
ただ次第に慣れてコミュニケーションがとれるようになると、友達も増えて授業も楽しくなってきました。
先生もレベルに合わせて途中でゲームをしたり、クイズをしたりといろいろと工夫しながらみんなで楽しめるよう授業を進めてくれました。

トルコ料理レストランにて
トルコ料理レストランにて

そんななか私が授業を通して思ったのは、日本人は文法はわかるものの、speakingとlisteningが苦手だということです。
実際私も授業でやっている内容はけっこう簡単で理解できるのですが、なかなか話の中に入れない、文章で書いてあると理解できるがリスニングになると全く聞き取れないということを感じました。
逆に日本人以外は、文法はあまりわかっていないのに会話に困らず、自分の意見もしっかりと言えてコミュニケーションもしっかりとれる。
やはり文法も大事ですが、実際に話す練習が自分には圧倒的に足りないのだと痛感させられました。


最後に

今回の留学は私にとって最高の思い出になったと思います。
見知らぬ地でいろいろな国の人たちと一緒に生活し、考え方の違い、文化や宗教の違いなどを直接肌で感じることができました。
英語の勉強だけでなく、楽しい仲間に囲まれて食事に行ったり、週末は観光に出かけたりと最高に楽しく、充実した8週間を過ごせたと思います。
今後は英語の勉強を続け、少しでもMKの英会話サービスの発展に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

エッフェル塔の下で
エッフェル塔の下で

MK新聞平成27年8月1日号、11月1日号を再構成したものです。掲載されている情報は掲載時のものです。
Open Matome でもご覧いただけます。