vol.6 英国 海外研修報告(平成27年1~3月)

MKの海外研修制度

MKでは平成27年より海外研修制度を強化し、新制度を開始しました。
平成4年より開始した英国留学制度では、毎年2~5名を1ヵ月間イギリスに語学研修に派遣しておりましたが、新制度ではより各人のレベルに見合った能力向上をはかるため、期間や行先を変えた上級・中級・初級の3つのコースを設定し、年3回の派遣、1年におよそ40名を派遣する予定です。
今回は全員が中級コースのイギリス・ボーンマスへ2ヵ月間滞在しました。京都MK伏見営業所の丸川祐輔社員、上賀茂営業所の北垣学社員、ハイヤー課の土居宏章社員、吉田皓一朗社員、加藤裕社員、名古屋MKの河野伸二社員の6名が平成27年1月18日に出発。去る3月15日、研修を終えて帰国いたしました。

出発式で

ハイヤー課 土居宏章社員(入社15年目 ※派遣時)


出発直前インタビュー
土居宏章社員

英国留学を志望された理由は?
外国からのお客様も日本の方と同様に、MKを毎日ご利用いただいております。
私の仕事の理想像は日本の方に対してと同じように、外国からのお客様にも「おもてなし」の心で接客サービスできるようになることです。
今回は理想実現のための第一歩です。

出発が近付いてきましたが、今の気持ちは?
もう出発がそこまで来ていて、海外での生活には不安がありますが、海外研修に行かれた皆様方からアドバイスや励ましをいただき、ずいぶん助かりました。
今回私がイギリスに行くことで、私自身が京都を訪れる外国人の方々のお気持ちを理解できると思います。
その気持ちを大切にしていきたいと思います。


意気込みを一言
海外で英語だけに集中して学べるという、貴重な時間を大切にして充実した2ヵ月間にしたいと思います。留学の間英語の勉強はもちろんですが、イギリスを見て聞いて食べて体験して、学ぶことができればと思います。
2020年の東京オリンピックを控えて、年々外国からのお客様は増えてくると思いますが、1人でも多くのお客様に京都(日本)のよさをお伝えしたいと思います。

英会話ドライバー担当の職員と
英会話ドライバー担当の職員と

海外研修レポート

今回からは新しい留学制度のスタートとなりました。イギリス・ボーンマスにて2ヵ月間の海外留学。このような機会を与えていただき誠にありがとうございました。
皆様にお伝えしたいことは沢山ございますが、今回は、学校生活とイギリスの印象についてお話させていただきます。

その前に、私たちが過ごした町・ボーンマスについて。英語表記では、“Bournemouth”となります。
場所はロンドンから南西に約170㎞、バスでは約2時間の距離です。
人口約17万人。リゾート地としてもイギリスで有名な町です(夏は最高気温23℃くらいだそうです)。
学校から歩いてすぐのところにビーチがありました。
私たちが訪れた時期は冬でしたので、最低気温0℃前後、暖かい日で最高7℃前後と京都(上賀茂)の冬を考えていただければよいかと思います。


久しぶりの学校生活

先生とクラスメートに恵まれて
先生とクラスメートに恵まれて(前列右端が土居社員)

それでは、最初に“学校生活”についてお話いたします。
私たちが2ヵ月間勉強しました語学学校は、ETC International Collegeといいます。
イギリスに到着した翌日1月19日から授業のスタートです。19日は、クラス分けのテストを午前中に受けました。その後クラスが決まり午後から早速授業です(このあたりかなり緊張していました)。
私自身社内の英会話勉強会には参加していましたが本格的な英語の勉強は大学以来になります。
普段京都では、英語に接する機会も少ないため、最初授業に戸惑ったのを今でも覚えています。
もちろん授業は全て英語で進みますから、質問・答え・テキストに至るまで日本語はありません。慣れるのにも少し時間がかかりました。


授業は月曜日から木曜日までは、8時45分から1限目が始まり3限目が13時10分に終わって、ここで昼休みとなります。
学校内のCaféには何種類かのメニューがあり、よく利用させていただきました。
昼食後に14時から45分まで4限目となります。金曜日は、授業は2だけでした。
それぞれの授業を別々の先生が担当され、1クラスは大体15人前後になっています。

私のクラスは、リビア・コロンビア・スペイン・イタリア・アラブ首長国連邦・ブラジル・韓国など色々な国から英語を勉強に来られていました。
今回の私たちの留学は2ヵ月間でしたが、6ヵ月くらいの長期の学生さんもおられました。
ほとんどが20代の人たちですから、学校内も活気があります(年長者は、MKからの私・河野さん・丸川さん・北垣さん……)。


毎日の授業

毎日の授業は、Grammar・Reading・Speaking・Writing・Listeningをテキストやプリント等を中心に授業は進んでいきます。
時には、英語を使ったゲームなどもありました。また、授業ごとに宿題もありました。
ちょうど私たちが訪れた時期には、4限目の授業後、普段の授業とは別に、自由に参加できるFree Lessonがありました。
新任の先生による模擬授業のような形で、4週間に渡り月曜日~木曜日の夕方に開催され、折角ですから私も参加してきました。
普段の授業とは違いまして和やかな雰囲気で授業は進んでいきました。
またこの授業は生徒以外でも参加可能で、近所のおばさまも毎回参加されていました。

このように学校での生活を過ごしました。私自身毎日の学校生活は、本当に久しぶりでした。
それぞれの授業も、1日の学校生活も、そして2ヵ月の留学期間も、あっという間に過ぎていきました。
これも、ETCのよい先生・よいクラスメートに恵まれたことだと思いまして感謝しています。

土曜日・日曜日には、学校から色々な観光地へのプランもありました。ロンドン・バース・ポーツマス・ストーンヘンジ・オックスフォードなどへ、有料ですが学校の車(16人乗りの車)で行くこともできました。
私は、オックスフォードとポーツマスのツアーに参加してきました。
それぞれの観光地も、また魅力のある町でした。


特に印象深かったこと

続きまして2ヵ月間の中で特に“イギリスの印象”として心に残っているものについて。
まずは『建築』です。京都で生活していますと、寺・神社・京町屋などの木造建築は見慣れています。
しかしイギリスの古い建築物は、レンガ造り・石造りがほとんどです。
この風景が、私にはとても新鮮に見えました。何気ない街並みが、絵になる風景に見えてくるのです。
特に、“cathedral”と呼ばれる大聖堂の建築には圧倒されました。

ロンドンも観光
ロンドンも観光

ソールズベリー大聖堂、チチェスター大聖堂、セントポール大聖堂などいくつか見てきましたが、石造りで50mを超える大きさですと、その存在感は木造建築とは全く違うものでした。
これらの大聖堂には、外からは単なる窓ガラスにしか見えないのですが、中に入ってみると内側からは豪華なステンドグラスが光輝いています。
そのステンドグラスと建物を支える大きな石柱が創り出す大聖堂内の雰囲気は、京都のお寺さんの本堂を訪れたときと共通するものを感じました。
イギリスでも日本でも、昔から数えきれないほどの人々が訪れる信仰の場所ということは共通するところなのでしょう。


イギリスの人々

次に『イギリスの人々』についてです。
イギリスの方を見ていて感心させられたことがいくつかありました。
1つは皆様が色々な場面で、それぞれ挨拶をかわされるということです。
私は、通学には毎日バスを利用していました(ボーンマスでのバスは、乗降は運転席の横のドアからで運賃は先払いです)。
バスを利用されるお客様ほぼ全員が運転手さんに、朝ですと乗られる時には「Good morning」、降りられる時に「Thank you」などと挨拶されているのです。
このことが、私には本当に新鮮に見えました。
京都でバスに乗っていましても、皆様が挨拶はされませんから。
他にも、建物に出入りする際、自動ドアではないドアでは自分が通った後に続く人がおられる時は、必ずドアを手で押さえて次の人が通りやすいように気を使っておられるのです。
それぞれ皆様何気なくされていることだとは思うのですが、私にはとても紳士な国民としてイギリスの人たちが見えました。

今回の留学期間中、日本の便利さやよさは改めて感じましたが、それ以上にイギリスの方々のよさを肌で感じました。
また他の国から来られたクラスメート、それぞれの国の個性豊かな面々とのコミュニケーションは日本では、決して体験できないことでした。その外国の方とのコミュニケーションに欠かせない共通語が英語なのです。これからもステップアップを目指して日々努力していきたいと思います。


MK新聞平成27年2月1日号、10月1日号を再構成したものです。掲載されている情報は掲載時のものです。
Open Matome でもご覧いただけます。