vol.5 英国 海外研修報告(平成27年1~3月)

MKの海外研修制度
出発式

MKでは平成27年より海外研修制度を強化し、新制度を開始しました。
平成4年より開始した英国留学制度では、毎年2~5名を1ヵ月間イギリスに語学研修に派遣しておりましたが、新制度ではより各人のレベルに見合った能力向上をはかるため、期間や行先を変えた上級・中級・初級の3つのコースを設定し、年3回の派遣、1年におよそ40名を派遣する予定です。
今回は全員が中級コースのイギリス・ボーンマスへ2ヵ月間滞在しました。京都MK伏見営業所の丸川祐輔社員、上賀茂営業所の北垣学社員、ハイヤー課の土居宏章社員、吉田皓一朗社員、加藤裕社員、名古屋MKの河野伸二社員の6名が平成27年1月18日に出発。去る3月15日、研修を終えて帰国いたしました。

ハイヤー課 加藤裕社員(入社3年目 ※派遣時)


出発直前インタビュー
加藤社員

英国留学を志望された理由は?
英語で海外からのお客様にいろいろ質問していただいたにもかかわらず、全く自分の意見が言えなかったことが悔しかったので、今回の留学をきっかけに将来の英会話ドライバーとして第一歩を踏み出したいと思い、志望しました。


出発が近付いてきましたが、今の気持ちは?
とても不安で、2ヵ月暮らせるのか心配です。英語力もまだまだだと思いますが頑張ります!
海外も韓国にしか行ったことがないので、たくさんの人と話をして、新しい出会いを期待しています!

意気込みを一言
いろんな国の方とコミュニケーションを取りたいです。
春からは少しでも英語が関係のある仕事ができるようになりたいと思います。
楽しみや不安はたくさんありますが、しっかり勉強してきます!


海外研修レポート

志望動機

2ヵ月間のイギリス留学の機会を与えていただき、ありがとうございました。とても貴重な体験ができました。サポートしていただいた会社の皆さまに感謝いたします。
今回応募したのは、ESD(English Speaking Driver: 英会話ドライバー)として将来活躍したいと思ったからです。
私は大学卒の学士ドライバーとして入社し、3年になります。先輩の学士ドライバーがESDとして活躍するのを見て、私も同じ仕事がしたいと思いました。
そして今回、イギリスで英語を学び、ESDとしての第一歩を踏み出したかったからです。

そして今回の海外留学が決まり、楽しみと不安がたくさんありました。
これまで海外に行ったことは、隣の韓国1回のみでしたので、私にとってこの2ヵ月間はとても刺激的なものとなりました。そして留学先で、忘れられない友達と思い出ができました。
今回、私を含め6名で、イギリスへと旅立ちました。
私が行かせていただいた街は、イギリス南部のボーンマスという街です。最初に留学先を聞いたときは、ポーツマス(昨年までの留学先)の間違い? というくらいの印象でした。 ボーンマスは温暖な気候で、11km続くビーチがありイギリスの有数のリゾート地として知られています。

それでは、ボーンマスでの2ヵ月間の報告をさせていただきます。


ホストファミリーと ルームメートとの出会い

自宅を出発してから約24時間。関西国際空港から出発し、イギリスのヒースロー空港に到着した私たちは、現地のタクシードライバーの方に出迎えていただき、空港から約2時間かけてイギリス南部のボーンマスに着きました。
最初に私のホームステイ先に到着しました…が、ホストファミリーが外出中というハプニングから私のイギリス生活はスタートしました。

その後、ホストファミリーに無事お会いすることでき、motherのSallyさんとfatherのStevenさんに出迎えていただきました。
さらにルームメートとして、同じ学校に通うトルコ人のエネスという男の子とともに、2ヵ月間を過ごしました。彼は20歳で、トルコでは父親が経営しているケーキ屋で働いています。英語力が高く、彼と話すだけで毎日が勉強でした。
初めの頃は、私の実力不足で上手にコミュニケーションが取ることができませんでした。
出会った頃の私の英語力を、「理解しにくい」と彼は感じていたそうです。でも帰国前日には、「しっかり会話ができるようになった」と私に言ってくれました。


学校での生活

私たちが2ヵ月間通った学校は、ETC International Collegeという学校です。
8時45分からスタートして、最後の授業は14時45分に終わり、午前は80分が2コマ、午後は45分が2コマの計4コマの時間割でした。
授業内容は先生によって少し違いがあるようですが、私の場合、午前の授業は会話練習が中心で、午後は文法中心の授業でした。1コマずつ先生が変わりますので、リスニングの練習にとても役立ちました。
生徒の特徴としては20代前半が多かったです。国籍はリビア、韓国、コロンビア、トルコの国籍が多く感じました。



クラスメートたちと
クラスメートたちと

クラス分けはレベル別で、私はPre-Intermediateというコースになり、1クラス10人ほどのクラスに決まりました。その中にはハイヤー課の吉田社員もいました。
授業は高校で習った文法内容のレベルで、日本語での授業ならば簡単な内容だったのですが、勿論すべて英語で行う授業ですので、初めは英語に慣れるのが大変でした。
授業形式は、ペアになって日常会話やテーマに沿っての会話(例えば、私が住んでいる京都、日本についての説明)を行う授業で、今後の仕事に役立つ授業内容でした。


学校に行って、自分の意見を発言するということの大切さを改めて感じました。特に授業中に他の国々の生徒たちが少しぐらい文法を間違えていても、何事もなく英会話をしている姿を見た時に痛感しました。
イギリスにやってくる前は、正しい文法で英語を話せなければならないという勝手なイメージがあったため、最初の頃は発言などを遠慮してしまい、スピーキングの練習ができませんでした。しかし他の生徒たちを見て考えが変わり、間違った文法でも相手に伝えようという意識が高くなりました。
学校でその日に習った文法などは、友達との会話ですぐ使って早く吸収できるように心がけました。さらに、レベルアップのため、放課後に新人教師が英語を教えてくれる無料レッスンにも参加し、少しでも英語に慣れようと学校の行事はほとんど参加していました。


忘れられない出会い

パブでの最後の夜

パブでの最後の夜

海外留学がより充実したものとなった理由は、学校で出会った友達の存在です。学校のスクールアクティビティや友達の紹介などで、2ヵ月間の滞在でたくさんの、世界各国の友達ができました。
帰国の前日には、学校の近くのパブに行き、2ヵ月間お世話になった友達との最後の夜を楽しみました。
別れの際は、1人1人ハグでお別れという、あまり日本では味わえない体験をしました。


英会話の楽しさや私自身の課題などは、友達から教えてもらったことがほとんどです。特に私は、英語をカタカナ英語で覚えてきた学生時代の影響で、相手に英語が伝わりにくいということが何度もありました。
国によって、綺麗な発音の国もあれば母国語訛りの発音もあり、最初は戸惑いがありましたが、時間が経つにつれて徐々に慣れることができました。特に帰国する最後の1週間は、学校終わりにカフェに友達と行って、会話をする機会を増やし英会話の練習に活用しました。


休日は観光に

学校のない休日は、2ヵ月間毎日をともにしたハイヤー課の吉田社員と、ボーンマス周辺や有名な観光スポットを観光することが多く、時間がある限り出かける日々でした。
コーフェキャッスルやストーンヘンジ、ロンドン市内観光など、日本ではなかなか観られない建物をたくさん見ることができ、とても充実した休日となりました。


サッカーの聖地

サッカーの聖地

特にサッカーの聖地イギリスでスタジアムに足を運び、生でサッカーを観ることができたことが一番印象に残っています。


留学を終えて

イギリスの2ヵ月間で一番私の中で変わったことは、英語で伝えようとする意思が強くなったことです。以前は英語で伝えようとするのをすぐ諦めたり、時にはお客様に助けてもらったりしていました。
英語をマスターできたと言えるレベルか!? …というとそうではありませんが、覚えた単語をどのようなところで便利に使えるのか、イギリスでたくさん学んで帰国できました。 苦手な部分はまだありますが、覚えたことが帰国後の仕事ですぐに役に立ったことがとても嬉しかったです。
2ヵ月はとても短い期間でしたが、私にとってプラスになることばかりでした。
貴重な海外留学に行かせていただいたので、早く英語を高いレベルに上げていかなくてはならないと感じています。
プレッシャーもあります。それらを乗り越えて、留学経験を活かしたいです。会社に貢献できる英会話ドライバーになることが、留学させていただいた会社関係者の皆さまに対しての恩返しになると私は思います。
そして、早くハイヤーの先輩方とご一緒にお仕事をたくさんしたいという気持ちも、とても高まりました。一人前になれる日がいつになるかわかりませんが、この留学が私のキャリアの第一歩になればと思っております。


MK新聞平成27年2月1日号、9月1日号を再構成したものです。掲載されている情報は掲載時のものです。
Open Matome でもご覧いただけます。