vol.4 英国 海外研修報告(平成27年1~3月)

MKの海外研修制度

MKでは平成27年より海外研修制度を強化し、新制度を開始しました。
平成4年より開始した英国留学制度では、毎年2~5名を1ヵ月間イギリスに語学研修に派遣しておりましたが、新制度ではより各人のレベルに見合った能力向上をはかるため、期間や行先を変えた上級・中級・初級の3つのコースを設定し、年3回の派遣、1年におよそ40名を派遣する予定です。
今回は全員が中級コースのイギリス・ボーンマスへ2ヵ月間滞在しました。京都MK伏見営業所の丸川祐輔社員、上賀茂営業所の北垣学社員、ハイヤー課の土居宏章社員、吉田皓一朗社員、加藤裕社員、名古屋MKの河野伸二社員の6名が平成27年1月18日に出発。去る3月15日、研修を終えて帰国いたしました。

出発式で

名古屋MK 河野伸二社員(入社6年目 ※派遣時)


出発直前インタビュー
河野伸二社員

英国留学を志望された理由は?
日本がこれからさらに国際交流が進む中で、この海外研修によって、英語力、国際感覚、マナー、教養などを身につけて、MK社員として世界のお客様をおもてなしできるように、本場イギリスでレベルアップしたいと思います。

出発が近付いてきましたが、今の気持ちは?
英国は欧米でも初めてですが、不安よりも期待がとても大きいです。
英語漬けの生活を送り、現地で文化や伝統にふれるのを楽しみにしています。
たくさん勉強し、吸収したいと思います。


意気込みを一言
一生懸命勉強したいと思います。
語学学校に通い、ホームステイをしながら、グローバルな視点を身につけ、帰国後はより磨かれた英語で外国人のお客様をエスコートする仕事に就き、頑張りたいと思います。


海外研修レポート

今回の英国留学は従来の4週間から、倍の8週間、約2ヵ月になり、とても満喫することができました。
会社の皆様には本当に感謝しております。
こんなに素晴らしいチャンスをいただいたので、ぜひ、無駄にならないように仕事のみならず今後の人生においても生かしていきたいと思います。


イギリスで学ぶ

クラスメートたちと
クラスメートたちと

わくわくした気持ちでイギリスへと旅立ち、景色をよく見るために窓側の席を選びました。
しかし、約13時間のフライトではトイレにかなり困りました。
通路に出るには2名の韓国人女性がいて、言いにくかったです。長い旅ではやはり通路側の席をおすすめします。

ロンドンに着くと、毎日が新鮮でした。
食事、文化、言語、表示、ほとんどが英国式で、さすがイギリスは街並がおしゃれで、英国式の庭付き一軒家が立ち並んでいました。


学校の先生は親切で、日本語を使わずとも、勉強も日常生活もほとんど不自由なく過ごすことができました。
毎日が英語漬けで、朝は8時45分から午後2時45分まで、しっかりと勉強をし、学校卒業以来、何十年ぶりに英語の文法や発音、読解力など、自分の不足しているところを習う授業ばかりで楽しかったです。
終わってみれば出席率は100%! ちっとも苦になりませんでした。


美しきボーンマス
ボーンマスのビーチ
ボーンマスのビーチ

ボーンマスは美しく、特に、冬にもかかわらずビーチがすばらしくて、何度見ても飽きません。
学校のすぐ近くにビーチがあり、5~10分歩けば海が見えてきます。
おしゃれなホテル街は、夏の旅行シーズンのにぎわいが十分想像できました。
砂浜にはゴミがなく、素敵なカップルや犬と散歩する家族連れ、優雅な海辺のレストランがあり、波は断続的に砂浜を撫でるように打ち寄せます。
海の向こうはフランスだと思うと、よりロマンチックな気持ちが涌いてきました。

ロンドンでは、ロンドンタクシーにも乗りました。
車内は広く、運転はスムーズで、最短のルートで走ってくれましたが、ロンドンタクシーもMKに勝るほどではないと思いました。
意外だったのは、バスを乗り降りするときに、運転手と乗客が互いに挨拶をしていたことです。
やはり紳士の国だなと思いました。


パリで過ごす休日
ナポレオン像とともに
ナポレオン像とともに

休みの日に楽しみだったのは、なんといっても旅行です。
今回はせっかくなので思う存分楽しもうと、英国のほかにもフランス、ベルギー、オランダに行ってきました。

ロマンあふれるパリでは、エッフェル塔の一番上の展望台に行き、放射状に広がる美しい街並を一望して感動しました。
最愛の人と一緒に愛を誓ったり、キスをしたりするには最適の場所ですね。
ルーブル宮殿ではモナリザと初対面を果たしました。あの、世界で一番有名な作品が目の前にあるというのはまるで夢のようでした。
そしておしゃれなシャンゼリゼ通りを歩きました。シャンゼリゼの語源は、「楽園」。パラダイス、Paradise、オーシャンゼリゼー。
もう一つ印象に残っていることがあります。


僕のパリ旅行は、UK Study Toursというバスツアーを利用したのですが、そこではPeterという英国ガイドさんに案内されました。身長185cmぐらいの、40代のかっこいいEnglishmanでした。
主なツアー客は世界各地からイギリスにやってくる留学中の学生たちで、Peterは英語があまり上手じゃない人に対しても、いやな顔を一瞬も見せず、学生さんの発音が間違っていても、自分から”I’m sorry”と英語で対応し、ボディーランゲージを使って説明する姿には、紳士だ、格好いいな、と感じました。移動中、最後尾の人にも気を配り、頻繁に人数を確認、とても頼もしく思いました。集合時間も現場の状況に応じて柔軟に適切に決めていき、メインのところを大体見ることができてとても満足しました。
Peterの仕事に対するプロ意識と、紳士な対応、笑顔が、すごく勉強になりました。今後の仕事にも参考にしたいと思います。


絵はがきのようなアムステルダムの街並
絵はがきのようなアムステルダムの街並

ほかにも、アムステルダムではボートに乗って運河を遊覧し、おとぎの国のようなベルギーではチョコレートやワッフルを食べて欧州を満喫しました。
経済の中心がニューヨークだとすると、西洋文化の中心は、やっぱり欧州ですね。
イギリス人の三大趣味といわれる、紅茶・ガーデニング・天気の話。みんな共通の価値観を持ちながら、個性の違いも認める国。日常生活の中にユーモアとポジティブな思想があふれていて、大好きです。

日本はこれからさらに国際化が進むでしょう。
今回の英国での研修によって、国際的な感覚を身につけましたので、今後、世界各地からのお客様をおもてなしできる自信を持って、上質なESD(English Speaking Driver:英会話ドライバー)を目指して、頑張りたいと思います。



MK新聞平成27年2月1日号、8月1日号を再構成したものです。掲載されている情報は掲載時のものです。
Open Matome でもご覧いただけます。