vol.1 英国 海外研修報告(平成27年1~3月)

MKの海外研修制度

MKでは平成27年より海外研修制度を強化し、新制度を開始しました。
平成4年より開始した英国留学制度では、毎年2~5名を1ヵ月間イギリスに語学研修に派遣しておりましたが、新制度ではより各人のレベルに見合った能力向上をはかるため、期間や行先を変えた上級・中級・初級の3つのコースを設定し、年3回の派遣、1年におよそ40名を派遣する予定です。
今回は全員が中級コースのイギリス・ボーンマスへ2ヵ月間滞在しました。京都MK伏見営業所の丸川祐輔社員、上賀茂営業所の北垣学社員、ハイヤー課の土居宏章社員、吉田皓一朗社員、加藤裕社員、名古屋MKの河野伸二社員の6名が平成27年1月18日に出発。去る3月15日、研修を終えて帰国いたしました。

出発式で

伏見営業所 丸川祐輔社員(入社6年目 ※派遣時)


出発直前インタビュー
丸川祐輔社員

英国留学を志望された理由は?
英会話のスキルアップや、諸外国の人たちのことをより深く理解するためです。

出発が近付いてきましたが、今の気持ちは?
家族、特に子どもたちのことが不安ですが、勉強についてはとても楽しみです。
現地での生活については不安もなく、わくわくしています。


意気込みを一言
帰国後、英会話ができるドライバーをさらに増やしたいです。
英語をもっと学ぶよう、勧めていきたいと思います。
伏見(営業所)を英語に強い営業所にすることがとりあえずの目標です。

英会話ドライバー担当の職員と
英会話ドライバー担当の職員と

海外研修レポート

とても有意義な2ヵ月でした。
青木社長はじめ、役員の方々、職員の皆さん、そしてドライバーの皆さん、心より御礼申し上げます。


初めてのホームステイ

現地の日時で、1月18日の夜8時過ぎに、イギリスのボーンマス(Bournemouth)という街に到着しました。
海外に行った経験は何度かありましたが、ホームステイというものは初めてで、初対面の家族と2ヵ月も一緒に過ごす、しかも日本語の通じないイギリス人……

緊張しながらベルを鳴らすと、迎えてくれたのは、体格のいいお父さんでした。
家の中に通されると、優しそうなお母さんと10代の男の子たちが3人で、笑って迎えてくれました。
ご家族のその笑顔に、僕の緊張感は半減しました。

クラスメートと
クラスメートと(左側手前が丸川社員)

そうして始まった留学生活ですが、勝手の解らないことばかりなので、何をするにも聞かないとできません。
時には、質問事項を先に辞書で調べたりもしました。
一番よく使ったフレーズは、May I~?(~してもいいですか?) How can I~?(どうやって~すればいいですか?)だったと思います。
3~4日過ぎたある日、家のフロアにほこりがたまっていたので、掃除機を借りてかけた後、これにホストマザーがとても喜んでくれました。
ちょっと掃除をしただけなのに、「あなたのような留学生は初めてよ、ありがとう」とお礼を言われ、とても嬉しかったです。
ちょっとした家事の手伝いは、すすんでやった方がいいですね。

しかし、クラスメートの話では、いろいろと気を使っているのに、嫌な思いばかりだった人もいたようです。
僕は恵まれていたのでしょう、2ヵ月間ずっと穏やかでした。


学校のこと

学校もよかったと思います。
先生方はやる気に満ちていますし、生徒の訴えを聞いてくれる雰囲気がありました。
放課後のフリーレッスンもありますし、課外活動も充実していました。
みんなでバーに行っての交流会や、学校がバスを出してくれて、観光地にも安く行けました。

授業は文法が主で、リスニングやスピーキングについては、英語で文法の説明を聞いて、英語で質問をすることが、そのトレーニングなのですが、先生が今何を言っているのか、うまく聞こえなくて大変でした。
I still don’t understand.(まだよく理解できません)と何度も言いました。

先生を囲んで
先生を囲んで(右端が丸川社員)

いろんな国の生徒がいます。
その多くは、半年から1年滞在します。僕たちは、2ヵ月しかいられませんので、テキストも30~40ページしか進んでいないところで終わりです。
もっと会話の練習になる授業をやって欲しいなとは思いましたが、休み時間や放課後にいろんな人に話しかけることが、何よりの勉強だったのでしょう。


ボーンマスでの経験

ボーンマスという街は、治安がよくて、警察官が銃などの武器を一切持っていないことには驚きました。
自然の多い海辺の町で、知らない人がすれ違いざまに、「Hi Good morning!」と声をかけてくれることもよくあり、平和なムードが漂う街です。
今後も、留学先はボーンマスがいいと思います。

僕は、この2ヵ月間に、いろんなことを考える時間がもてました。
英語を使って、いろんな国の人と話をすると、常識の違いに驚くこともあります。
しかし、日本の常識が、決して中心ではありませんし、違いを理解する努力が必要だとおもいます。
自分と違う人を受け入れる心を持ち、自己主張をするための英会話ではなく、他人を理解するための英会話であるべきです。

ロンドンで全員集合
ロンドンで全員集合(右端から2番目が丸川社員)

僕はこれまで、他人を批判する前に、理解する努力はしただろうか?
結局は、自分の薄っぺらな経験だけで周りの事を決めつけ、他人の意見も聞かずに結論を出していたに違いありません。

僕には仲間がいます。一緒に英語を学んでいこうとしている仲間がいます。
その仲間たちと、今まで以上に真剣に、腹を割って付き合っていこうという、心構えができました。

これからも、よろしくお願いします。
ありがとうございました。


MK新聞平成27年2月1日号、5月1日号を再構成したものです。掲載されている情報は掲載時のものです。
Open Matome でもご覧いただけます。