MK TAXI 2018 RECRUIT SITE トラベルコーディネーター(TC)募集
先輩TC紹介 先輩TC紹介

中堅編

HOME > 先輩TC紹介 > 中堅編
日本の本物を伝える TCは観光の一部

お客様と向き合う。笑顔が見たくなる。

京都で学生生活を送る中で、夢中になっていたのが観光案内のアルバイト。
京都に住んでいながら意外と知らないことも多く、歴史や寺院など、知識が増える喜びを発見しました。さらに学んだことを人に伝えると、その人も喜んでくれる。喜んでもらうために、また知識を増やす。その“喜びのサイクル”は、TCとなった今でも変わらないものです。

現在私は、TCの中でも英会話ドライバーとして、多くの外国からのお客様もご案内しています。外国の方は「おまかせで」という方が多いのですが、そういったときは、その方の趣味や好きなものを話の中で聴き出し、例えば「お庭が好き」ということなら、庭の美しい寺院にお連れするなど、その方の隠れたニーズを引き出すことが必要です。これは日本人のお客様でも同じこと。金閣寺にお連れして、「人が多いな…」と、つぶやかれたら、今度は静かな隠れ家スポットにご案内する。妊婦の方であれば、安産祈願の寺院へ。その方の干支をお聞きして、干支の守り本尊にご案内することもあります。
重要なことは「お客様と向き合って、その方に興味を持つこと」。興味を持てば、その方の喜んだ顔が見たくなります。そして、間近でその反応を見ることができるのは、私たちTCの大きな特権であり、喜びなのです。

若手からカリスマまで、想いを一つに。

若手からカリスマまで、
想いを一つに。

私がMKの採用面接を受けたとき、「どうせやるなら日本一のドライバーになります!」と宣言しました。すると、当時の担当者が「日本一にもいろいろあるけどね」と、仰ったのです。そのときはどういう意味かわからなかったのですが、入社後、様々な先輩方の姿を見て、「なるほどな」と納得しました。
一番の有名人と言えば、MKだけでなく、ハイヤー界のカリスマ、中村壽男さん。ハリウッドスターをはじめとした多くのVIPからご指名を受ける方ですが、中村さんの凄いところは、これだけ有名になっても、初心を忘れず常に謙虚な姿勢でおられること。本当に見習うべきことがたくさんある方です。

常にお客様の目線で考える

さらにMKには、高齢のお客様から絶大な支持を得て、全国から指名がくる隠れたカリスマ、流れるような優雅な所作で紳士的なサービスを得意とするTC、お客様のNEED、WANTSだけでなく、HOPEまでも汲み取る熱血TCなど、それぞれの個性を活かしたトップTCが多く在籍しています。まさに「日本一にもいろいろある」という言葉通りですね。

MKでは、こういったベテランの先輩方から若手まで、お客様に良いサービスが提供できるよう、京都の面白い情報を自由に交換し合っています。新卒からスタートした社員も多く、フランクな雰囲気でお互いを尊重し合える。そういった良い環境だからこそ、「日本一」が生れるのではないでしょうか。

本物を伝え、ファンをつくる!

本物を伝え、ファンをつくる!

京都にはたくさんの素晴らしい観光コンテンツが存在します。私たちTC自身が、そのコンテンツの一つとなり、他のコンテンツと結びつけることが私たちの使命ではないでしょうか。
そして、京都に集客したものを近隣地域に広め、“地域創生”の一助になればと考えています。例えば、京都からも足を運べる天橋立。一度そこにお連れしたお客様は、その素晴らしさに魅了され、リピーターとなって何度も私の運転で天橋立にいらっしゃいます。 そうやって、単なる広告宣伝に終わらず、本当にいいものを知って頂き、「何度も通いたい」と思うような、その場所の“ファン”になって頂く。そのファンを、京都に限らず様々な地域にどんどん増やしていくことが、私の夢であり、目標です。

TCの仕事は、ハイヤー界の中でも花形的な職業。しかしその分、観光知識の習得、安全運転への技術向上など、日々の努力を必要とする職業です。もちろん一人前のTCになるまでにもステップが必要です。
それでも私たちTCは、お客様の喜ぶ顔が見たくて、「ありがとう」の一言を聞きたくて、一人ひとりが小さな努力を重ねています。私がお客様の好みなどを書き留めたノートも、すでに20冊を越えています。
そんな想いに共感して頂き、「人の喜びを自分の喜び」と思える皆さん、ぜひ私たちと共に、日本のおもてなし文化を、日本の良いモノを伝えていきましょう。

会社説明会
ENTRY → リクナビ    マイナビ   
先頭に戻る