ハイヤードライバー紹介

ドライバーメッセージ


柴田 大輔 Daisuke Shibata    MK歴 11年
アメリカの大手旅行雑誌が発表する“旅行で訪れたい世界の都市ランキング”で、昨年、京都が日本の都市で初めて「1位」に選ばれました。
今後ますます外国人のお客様が増えていくと予想される中、京都検定1級を所持する英会話ドライバー・柴田大輔社員にお客様とのエピソードを尋ねました。
柴田大輔
●外国人のお客様が日本に来て、最も喜ばれるシーンを教えてください。
初めて京都に来られる方は特にそうですが、本物の舞妓さんや芸妓さんがさっそうと祇園の街を歩かれている姿を見ると、「これぞ京都!」といった感じで興奮されます。


●初めて京都に来られた外国人のお客様がどのようなことで戸惑ったり、驚かれたりしますか?
日本人にとっては当たり前でも、英語で説明がないと、どうしてよいかわからないようです。例えば、お寺で靴を脱ぐ時に、すのこの上に靴のままあがって怒られたりなど。

◆休日の過ごし方は?
最近は二人の娘たちと一緒に過ごすことが多いです。単純に自分も楽しいですが、子どもたちの発想や目の付けどころにハッとさせられることもあります。
海外の方とお付き合いする際にも、常識に縛られない頭のやわらかさが必要かもしれません。
●実は外国人のお客様はこんなことを思っています!ということはありますか?
懐石料理など格式ばったおもてなしもよいですが、同時に普段着の日本人の生活も体験したいと思われているようです。


●外国人のお客様をエスコートする時に心がけていることを教えてください。
「外国人」だから「〜人」だからとステレオタイプのイメージで決めつけるのではなく、お一人お一人を「個」としてお付き合いさせていただくようにしています(日本人の方でも同様ですが)。

◆お客様へのメッセージ
今年(2015年)は新年早々大雪に見舞われ大変ではありましたが、冬の京都の美しさを思う存分ご満喫いただけました。それぞれの季節にそれぞれの美しさがあると改めて思いました。
●お客様へのメッセージを英語でお願いします。
I'm always ready to serve you. Your smile makes me happy!


→ ドライバー一覧に戻る