ハイヤードライバー紹介

ドライバーメッセージ


巻木 茂徳 Shigenori Maki    MK歴 12年
京都に暑い夏がやってきました。
7月といえば祇園祭。7月17日と24日に行われる山鉾巡行は特に見応えがあります。ぜひ特等席で見物しませんか。
今日は気配りと感謝の心を忘れず、大人から子どもまでハッピーになる案内を心がける、巻木ドライバーにお話をうかがいました。
巻木茂徳
●外国人のお客様が最も喜んだ京都での出来事を教えてください。
以前アメリカ人のご家族を金閣寺にご案内した際、6歳のお子さんが、父親に買ってもらったポラロイドカメラで「京都の景色を撮りたい。撮った写真をお父さんにプレゼントするんだ」と言ったので、写真スポットをアドバイスすると、すごく喜んでくれました。また、その写真を渡した時のお父様の嬉しそうな顔がとても印象に残っています。


●初めて京都を訪れる外国人のお客様によりよく観光を楽しんでもらうために、配 慮されていることは何ですか。
ゲストの前では、笑顔でコミュニケーションを取るように心がけています。あと必ず“Thank you very much”といった際に深くお辞儀をするようにしています。

◆お休みの日は何をしていますか
少しでも英語が上達すればと、休日を利用して英会話レッスンに通っています。
また、今年4月にオープンカーを購入しました。ドライブを兼ねて、新しい店や美しい 景色を探したり、京都全域をマイカーで散策しています。
最近では伏見の酒蔵を巡ったり、美味しい地酒を探したりしました。
●実は外国人のお客様はこんなことを思っています!と思われる点はありますか。
和式トイレを敬遠される方が多いです。観光案内中にお手洗いに行かれる場合は、なるべく洋式トイレにご案内した方がお客様に喜ばれます。


●外国人のお客様をエスコートするときに心がけていることは何ですか。
特にハイヒールを履いているゲストなどには、観光中、気を付けてエスコートするよう心がけています。

●お客様へのメッセージを英語でお願いします。
Hi Everybody, thank you for reading my message. If you come to Kyoto, I can chauffeur you around. Let's go to magnificent places together!


(東京MK発行「MESSAGE KEEPER Vol.48 2017.07」より転載)
 ※掲載内容は平成29年7月時点のものです。


→ ドライバー一覧に戻る