心をくだくと、心が動く

エピソードランキング

  1. 1位

    【泣ける話】「大きな病院に連れてって」

    【泣ける話】「大きな病院に連れてって」

    2012年7月ごろ、とある公園脇でゆったり休憩をしていた時のこと。

    年の頃、小学校低学年くらいの男の子と幼稚園の年中さんくらいの女の子が、

    公園から飛びでて私に駆け寄ってきました。

     

    なにかな?と思ったら、二人は突然100円玉と50円玉をポケットから取り出し、

    「おじちゃん、これで○○にある大きな病院へ連れてって。」

    戸惑いながら、「どうしたの?」と聞くと、「お母さんが救急車で大きな大きな病院に行ったので、連れていって。」と

    男の子が答え、そして両手を合わせ、頭を下げて切願をはじめました。

     

    「これはただ事ではない。乗車料金はともかく、何とかしなければ。」と思い、「落ち着いて。」と

    諭しながらもう少し話を聞くと、「お父さんと連絡が取れず、妹と二人で困っている。」といいます。

    私は、「付近で救急指定病院といえば○○病院に間違いない。」と思い、二人を乗せて病院に向かいました。

     

    到着後、病院の受付の方に事情を説明したところ、お母さんが搬送されていることが確認できました。

    お母さんも大丈夫だということが聞け、ひとまずはホッとしました。

    そして数分後、無事親子の再会を見届け、念のため、お母さんに事情を簡単にお話した後、私はその場を去りました。

     

    「乗車料金は…仕方ないか~。」と自腹を切りましたが、清々しい気持ちでいっぱいでした。

     

    それからしばらくして、なんと偶然にもその親子と再会することができました。

    お母さんは、お子さんたちから事情を詳しくお聞きになったようで、子どもたちの決死の行動に

    「涙を流して喜びました」と話してくださいました。

    どうやら、以前にも、MKドライバーに優しくしてもらったことがあったので、

    「何かあったら、ハートのマークの人に。」とお子さんに言い聞かせていたようです。

    それを聞いた私は、恥ずかしいやら、嬉しいやらで感動しました。

     

    最後に、お母さんから、感謝のお言葉と不足していた乗車料金を頂戴し、

    そして小さなお客様ふたりからは、「おじちゃん、どうもありがとう。」という、

    今までで一番嬉しい「ありがとう。」をいただきました。

     


    続きを読む

    4.4
    636票
  2. 2位

    【ウレシイ話】「How is the temperature in the taxi ?」

    【ウレシイ話】「How is the temperature in the taxi ?」

    「How is the temperature in the taxi ?」

     

    MKのあいさつではおなじみの「車内の温度はいかがでしょうか?」、

    外国人の方がご乗車されるときも、私は車内温度が適切か確認するようにしています。

    だいたいの方は「Very Nice!」とか「Perfect!」と返してくれます。

     

    あるとき、アフリカの男性がご乗車され、ホテルまでお供したとき、その問いかけにひどく感激され、

    流暢な日本語でこう仰いました。

    「私の国はアフリカのガーナです。ビジネスで日本へきて、半年になります。しかし、温度の事で私を気遣ってくれたのは君が初めてだ。

    実は、私には日本が寒くて寒くてたまらないんだ。特に京都はね。だから、こうやってコートを二枚重ねて着ているんだ。」

     

    ホテルへ着いて、ドアサービスをすると、降車された途端、急にきつく「ハグ」されました。

    背中をポンポン叩きながら、「日本でまた頑張って仕事をするよ。」としばらくの間、体を離してくれません。

    ホテルのドアマンをはじめ、周囲の方には不思議な光景に映ったと思います。

     

    本来は、私がお客様を見送るのですが、その方はじっと、Taxiが離れるのを手を振って見送ってくれました。

    私は少し照れながら、その場を離れました。

     

    それ以来、私は「これからも車内温度は100%聞いていこう。」と実行しています。

     


    続きを読む

    4.4
    241票
  3. 3位

    【ウレシイ話】お墓参り

    【ウレシイ話】お墓参り

    8月13日の早朝6時。ご予約いただいたお客様のご自宅にお迎えにあがりました。

    ご乗車になったのは80歳前後のご婦人でした。

    「おはようございます。どちらまででしょうか?」とお聞きすると、

    「お墓参りに行きたいので、〇〇霊園まで行ってください。」と仰いました。

     

    車中ご婦人は昔のことを思い出しながら、お話をしてくださいました。

    「40年くらい前に息子を病気で亡くしてしまって、毎年3、4回お墓に行くんですよ。

    息子は15歳のときに亡くしたから、生きていれば、運転手さんくらいの年になっているんでしょうね。」

    と目に涙を浮かべていらっしゃいました。

     

    霊園に着いたところで、「運転手さん。すみませんが、30分ほど待っていてもらえませんか?」

    とお客様に言われ、私はご指示の通りしばらくお客様をお待ちするつもりでした。

    ところがご婦人が杖をつきながら、痛そうな足でお墓のある坂を登って行こうとされたのが目に入り、

    私は咄嗟に「よろしければ、手をお貸しましょうか。」と口に出していました。

     

    「ありがとうございます。お願いします。」

    私たちはお墓まで一緒に行きました。

    そして、一緒にお墓を掃除して、花もキレイに生けてお参りしました。

     

    帰りの車中、ご婦人は

    「こんな事までしてもらえるなんて…。本当にありがとうございました。息子もきっと

    喜んでいるでしょう。」と涙を流しておられました。

    ご自宅に到着し、車を降りられた後も、私の車が見えなくなるまで頭を下げておられました。

     

     

    お客様に心から喜んでもらえたことに私も感動しました。

    これからも、私のタクシーに乗ってよかったと思っていただけるように頑張ります。

     


    続きを読む

    4.4
    201票
  4. 4位

    【泣ける話】お引越しの思い出

    【泣ける話】お引越しの思い出

     

    7年程前の事だったと思います。

    無線で呼ばれた西京区のお客様宅にお迎えにあがりました。お送り先は○○病院でした。

     

    二十歳ほどの娘さんとお母様がご乗車され、車いっぱいに荷物を積み込んでのご出発となりました。

    聞くところによると、娘さんが○○病院の看護師に採用されたので、寮へのお引越しをするとのこと。

    車中和やかな会話を楽しみ、お送りした後も、お荷物の運搬を手伝って、その日はお別れしました。

     

     

    それから二年後ほど過ぎた頃でしょうか。また無線で同じお客様宅にお迎えにあがりました。

    その時はお母様お一人のご乗車で、最初は思い出せなかったのですが、お話しをしているうちに、

    「あの日の母娘さんだ。」と記憶が蘇りました。

     

    「今日はお一人なのですね。お嬢さんはお元気ですか?」とお尋ねしたところ、

    その娘さんは半年程前に病気で亡くなられた、とお母様が答えられました。

     

    あまりのことに言葉を失い、「あの若い娘さんが…」と思うと、命の儚さを感じずにはいられませんでした。

    信じがたい事実にしばし落ち込む私でしたが、お母様は私との再会に非常に感激しておられました。

    と言いますのも、娘さんが亡くなる直前、病床にて「引越しの時、MKさんに手伝ってもらって楽しかった」と

    元気なころの話をしていただいていたそうなのです。

     

    お母様は、

    「その日の運転手さんの車にまた乗れるなんて、あの子が引き合わせてくれたのかしらね。」

    と感動しておられました。

     

    たった一度、私の車に乗ってくれた娘さんが、

    きっと苦しいはずの闘病の中で、私のことを覚えていてくれたのは、

    もうなんとも言葉にしようがありません。

    もう車にお乗り頂くことも、お引越しのお手伝いもできませんが、いつまでも忘れないでいようと思います。


    続きを読む

    4.4
    160票
  5. 5位

    【泣ける話】忘れゆくお母さんへ

    【泣ける話】忘れゆくお母さんへ

    今から13年前に京都市内観光をした時の事です。この話は今になっても忘れることが出来ません。

    私がお供したのは4名の女性の方で、内1名様がお母様。残り3名様はそれぞれ独立された娘様で、

    京都を大好きなお母様のために、ご予定を合わせて旅行を実現させた、とのことでした。

     

    お迎え時には和気藹々とされており、微笑ましい光景が広がっていましたが、ふと娘様のひとりが、

    「母が、何度も同じ事をお聞きすると思いますが、よろしくお願いいたします。」とおっしゃいました。

    私は、「少し耳が遠いかたなのかな。」と思い、少しばかり大きな声で、ゆっくりとお話することにしました。

     

    楽しい時間はあっという間に過ぎ、最終の京都駅までお供をして、無事に観光を終えました。

     

    それから1ヶ月ぐらいたった頃でしょうか。

    あの時のお客様から一通のお手紙が届きました。

     

    * * *

    「先日は、大変お世話になりありがとうございました。母が何度も同じことを聞いていましたが、

    何一つ嫌な顔をせずに対応して頂き大変感謝しています。実は、母は重度の痴呆症と診断されており、

    いずれ家族の事も忘れてしまうでしょう、とお医者様から言われています。

    そこで急遽、母の大好きな京都での旅行を企画したのです………」

    * * *

     

    手紙を読み終えた後、しばらく涙が止まりませんでした。

    お母様を大切に想う娘様の言葉に、故郷の母を思い出しました。


    続きを読む

    4.4
    60票
  6. 6位

    【泣ける話】「金色の絨毯」

    【泣ける話】「金色の絨毯」

    私が新人だった年の秋のこと、総合病院にお迎えにあがり、60歳前後のすらっとしたご婦人をお乗せしました。

     

    “自宅へ帰る前に京都大学の農学部へ寄りたい”とのことで百万遍を東へ向かいました。

     

    農学部の入口はロボットゲートになっていて、「契約車以外は入れません」との看板が。

    その旨をお客様にお伝えすると、すごくがっかりした表情をされました。

    そこへちょうど保安の係員さんが近づいてきたので、「なかへ入れませんか?」と尋ねると、

    「タクシーなら入れますよ。」とゲートを開けてくれました。

     

    なかに入ると銀杏並木の間から光が差し込み、落葉した銀杏はまるで金色の絨毯のように輝いて見えました。

     

    多くの学生が歩いているなかを、ゆっくりとタクシーを進めるうちに、

    私はお客様の目から大粒の涙がポタポタとおちていることに気付きました。

    私が思わず、「お客様?」と小さく声をかけると、涙を拭おうともせず、「生きて帰れると思わなかったの…。ごめんなさいね…。」と

    おっしゃいました。

     

    人生にはさまざまなドラマがあります、私にはご婦人がどんな想いで銀杏を見ておられたか知る由もありません。

    しかし、こんな美しいシーンに偶然立ち会わせていただいて、この時初めて、タクシーって深い仕事なんだなぁ、と感動しました。

     

    この一回のご乗車のことは一生忘れないで大切にしようと思っています。


    続きを読む

    4.3
    196票
  7. 7位

    【びっくりした話】「宝くじなみの確率ですね!」

    【びっくりした話】「宝くじなみの確率ですね!」

    京都外国語大学の前を通ったときに、ちょうどお客様の手が挙がりました。

    行先は京都駅。ご乗車になられたのは、お母さんと娘さんでした。

     

    羽織袴を着ておられましたので、「おめでとうございます。今日は卒業式だったんですね。」と

    ご挨拶をして、京都駅に向かいました。

    道中、海外旅行の話になったので、私の海外旅行のエピソードをお話したところ――

    「運転手さん、その話は聞き覚えが…。」と、お客様。

     

    そう。遡ること4年前の4月。入学式に向かうお母さんと娘さんを京都外大までお送りしていたのです。

    ミラクルな出来事にお客様も私もびっくり!

     

    「京都に来て、初めて乗ったタクシーがMKさんで、京都で最後に乗ったタクシーもMKさん。

    しかも同じ運転手さん。まさに宝くじなみの確率ですね!」とお客様は笑顔でした。

     

    京都のMKタクシーに私のような昼勤者はおよそ900名います。

    同じドライバーに2回あたる確率は、「約81万分の1」という数字。

    こうした不思議なご縁に、感慨深い気持ちになりました。


    続きを読む

    4.3
    121票
  8. 8位

    【ウレシイ話】友人へのプレゼント

    【ウレシイ話】友人へのプレゼント

    今から6年程前、外国からお越しのお客様に京都の観光ガイドをさせてもらった時の話です。

    市内の観光地を巡り終え、帰路に着く車内にて「これから京都に住む友人と会うんだけど、

    もらって嬉しいお菓子をすすめてほしい。」との申し出がありました。

     

    私は、気持ちを伝えるお菓子ならば一般的なモノではない方がいいと考え、丁度帰路にある

    とっておきのお店をご紹介いたしました。

    お店でお買い物を済まされ、購入されたお菓子を大切そうに抱えて出てこられる姿から、

    「気に入ってもらえたみたいで、良かった。」とホッとし、

    和やかな雰囲気のまま、最終お供先のホテルまでお送りしました。

     

    そしてお別れの際、お客様から一言。「渡すものがあります。」と言われました。

    差し出されたものは、そう、私が紹介したお店で購入されたお菓子だったのです。

     

    これには本当に驚きました。「京都で会う友人」というのは「私のこと」だったようです。

    「あなたの観光ガイドサービスに感激しました。大変有意義な時間を過ごせたので、

    そのお礼を込めたプレゼントです。」という言葉も頂戴しました。

     

    P.S.…偶然だと思うのですが、ガイド中に私の妻の話をしていました。

    名前が“みどり”というのですが、頂戴したお菓子も“みどり”という名前でした。


    続きを読む

    4.3
    86票
  9. 9位

    【心温まる話】いのちが生まれた!

    【心温まる話】いのちが生まれた!

     

    5月の初旬、午後3時頃。

    そのお客様がまさか出産直前の妊婦様とは思いもしませんでした。

     

    マンション玄関前のゲートで立ちすくむ女性は絞り出すように「ああー生まれるー!出るーー!」と声を発せられ、

    その様子に私は、これは一刻の猶予もない切迫した緊急の状態だ、と確信いたしました。

    「お客様、タクシーの中では何かあってもどうすることもできかねます、救急車をお呼びしましょうか」

    とお尋ねしてはみましたが、「あー!あーっもうダメなので…乗せてください!」と仰いましたので、

    私は気持ちを切り替えて即刻ご乗車いただきご指定の最寄り病院へと向かいました。

     

    「急いでくださいもう生まれるーー!」という言葉になるべくやさしく「もう少しの我慢ですから」とお応えしました。

    間もなく「ああー破水した……生まれる、生まれるー!!」と聞こえ、

    その十数秒後、車の中に「オギャー!オギャー!!」と元気な赤子の産声が響き渡りました。

    後部座席に母子共に元気そうな様子が伺え、ほっとして、

    わたしはなるべく落ち着いて慎重に病院までお供いたしました。

     

    車中には長男らしい5・6歳の男の子が一緒にご乗車されていたのですが、

    病院へ電話して「タクシーで生まれた!タクシーで生まれた!」と繰り返し一生懸命に伝えていました。

    わたしはなぜか自分の子どもが生まれたかのように至福感・安堵感を覚えて、喜びがあふれ、感動いたしました。

    そして家族とは本当によいものだなと気持ちがほのぼのといたしました。

    何事もなく無事に生まれて良かったと心から思います。

    翌日の早朝、ご家族が御礼に会社まで来てくださったと聞きました。

     

     

    タクシー業において、日々どのような場面に遭遇するかもわからない中で、

    いかに冷静沈着に状況を判断して対処できるか、

    かつお客様を安全にお供先までお送りすることがどれだけ大切なのか、

    この時深く感じさせられました。

    このような形で人生での一大イベントに偶然にも立ち会えたことは、

    私の心に末永く忘れることのない記憶として深く刻まれました。


    続きを読む

    4.3
    67票
  10. 10位

    【心温まる話】旅立ちの朝に…

    【心温まる話】旅立ちの朝に…

    深々と降っていた雪も止んだ午前10時頃。予約のお客様のご自宅にお迎えにあがりました。

    少し早い目に到着してインターホンを押そうとしたとき、中からお母様が出てこられました。

    「あっ、MKさん。ちょっと待ってね。」

    そして大きな声で、

    「○○さ~ん。MKさん来たよ~!早くしなさ~い。」と家の中の娘さんに呼びかけられました。

     

     

    しばらくして、娘様が玄関から出てこられました。

    お母様が再度「早くしなさい!」と言われ、

    応酬するように、娘様は「わかってるわ~!」と

    少し強い口調で言葉を返されました。

     

     

    ドアサービスを終え、見送るお母様に「お供させていただきます。」と挨拶をし、

    私はささっと運転席に乗り込みました。

    続けて娘様に行先を確認するため、「どちらまででしょうか?」と問いかけたのですが、

    なかなかお返事がありません…。

    予約時に行先を伺っていたので、「A駅でよろしいでしょうか?」と再度お声掛けすると

    「…ハイ。」と小さな声が返ってきました。

    私はそろっとブレーキペダルから足を離しました。

     

    と同時に、娘様が泣き崩れました。

    あまりの出来事に私は咄嗟にブレーキを掛けましたが、

    「早く出してください…」とのご指示があり、再度、車を進めました。

     

    しばらくして、落ち着かれた娘様は泣き崩れた理由を教えてくださいました。

     

    「実は、結婚するために、今日滋賀を離れて東京に行くんです…。

    本当は寂しいんだけれど、それを感じてほしくなかったので、素っ気なくしてしまった…。

    滋賀という街に別れを告げるのもさみしい。

    結婚することが決まってからこの街が好きだったんだと改めて気付いた。」

     

     

    A駅に到着した際に、同じ滋賀県民として、何かお役に立ちたいと思い、一言お伝えしました。

    「お客様、新幹線は普段なら滋賀付近は高速走行するのですが、

    今日は雪の影響で、〝ゆっくり〟走行すると思います。ご自宅方面をしっかりご覧になってください。

    そして、今後こちらに来られた際は、駅前にMKの乗り場もできましたので、ぜひお使いください。

    お待ちしております。」

     

    私はぺこりと頭を下げ、お客様を見送りました。


    続きを読む

    4.3
    41票
  • トップへ
  • エピソードランキング
  • 新着エピソード一覧
  • MK採用情報はこちら

ページ上部へ戻る