第10回大会の記録|MKチャリティカップ

大会の記録

HOME > 大会の記録 > 第10回大会(2015年)

第1回男子第1回女子第2回第3回第4回第5回 第6回第7回第8回第9回|第10回|第11回第12回

第10回大会(2015年)

男子優勝:ジョン・テハプロ/女子優勝:姫路麗プロ

MKボウル上賀茂にて2015年9月10日~12日に開催された「第10回MKチャリティカップ」(公益社団法人日本プロボウリング協会公認)。 多くの方のご声援・ご協力の中、開催することが出来ました。
見事優勝したのは、ジョン・テハプロと姫路麗プロ。ジョン・テハプロはMKチャリティカップ男子では史上初の大会連覇、姫路麗プロは2回目の優勝となりました。

優勝を決めたジョン・テハ プロ
優勝を決めたジョン・テハ プロ

姫路プロ、涙の大会V2達成!
姫路プロ、涙の大会V2達成!

【男子】ジョン・テハ プロ 大会史上初の2連覇達成!

ディフェンディングチャンピオンのジョン・テハプロ、昨年優勝決定戦にてジョン・テハプロに敗れた川添奨太プロ、8月の新人戦で初優勝を果たした谷合貴志プロの3名で行われた決勝ステップラダー。
3位決定戦では、川添プロ、谷合プロ、両者ともにストライクからスタート。しかし谷合プロはその後ストライクが続かず、3フレーム目からターキーを決めた川添プロにリードを取られてしまいます。その後、後半で川添プロが4連続ストライクで差を広げ勝利。
優勝決定戦では、中盤4連続ストライクでジョン・テハプロにツーマーク差をつけた川添プロでしたが、8フレーム目で4・10番ピンを残すスプリット、ジョン・テハプロが一気に巻き返します。214ピンで終了した川添プロ、ジョン・テハプロの1投目がストライクなら勝利が確定となる展開でしたが、9本カウント。ジョン・テハプロがカバーミスとなればワンショットプレーオフに持ち込まれる場面で、2投目が思ったよりも曲がり、どよめく会場。ボールはかろうじてピンをかすめ、ジョン・テハプロの優勝を確定させました。思わずアプローチに倒れ込んだジョン・テハプロ。MKチャリティカップ男子史上初の大会連覇となりました。

男子決勝

優勝:ジョン・テハ プロ/第2位:川添奨太プロ/第3位:谷合貴志プロ

【女子】姫路麗プロ 節目の大会で涙のV2!

決勝ステップラダー3位決定戦では、決勝ステップラダー初進出、初優勝がかかる鈴木亜季プロと第8回大会優勝の阿部聖水プロの対決。不運なジャストエイトに泣かされながらもスペアを取ってノーミスを守る鈴木プロに対し、ターキーに続くスプリット、さらに4連続ストライクにスプリットという豪快なボウリングで阿部プロが勝利、姫路プロとの優勝決定戦へ進みます。
第8回大会で涙の初優勝を果たした阿部プロと、節目の第5回大会で大会初制覇を果たした姫路プロ。どちらが勝ってもV2の対決となりました。
阿部プロはストライクで順調な滑り出し、一方オープンスタートの姫路プロ。5フレーム時点で阿部プロがスリーマークリード。ここでボールチェンジをした姫路プロが6フレーム目からストライクの連発、猛チャージをかけます。一方阿部プロはストライクが続かなくなり、勝負どころの9フレーム目で投球ミスからカバーミス。最終フレームでは、後に投げる阿部プロがパンチアウトしても姫路プロに1ピン届かず敗北が確定、姫路プロが大会V2、今季4勝目を挙げました。

女子決勝

優勝:姫路麗プロ/第2位:阿部聖水プロ/第3位:鈴木亜季プロ

第10回記念!優勝副賞もグレードアップ!

優勝したジョン・テハプロと姫路麗プロにはそれぞれ優勝カップと賞金150万円、また、優勝副賞として、ジョン・テハプロには日産自動車販売株式会社より日産「エルグランド」が、姫路麗プロには神戸トヨペット株式会社よりトヨタ「アルファード」が贈られました。
本年は、第10回記念大会のため、優勝副賞もグレードアップ!ご協賛いただきました日産自動車販売株式会社様、神戸トヨペット株式会社様、ありがとうございました!

優勝副賞の前で記念撮影
優勝副賞の前で記念撮影

広がるチャリティの輪

京都府共同募金会・中央共同募金会へ寄付

大会期間中に設置していたチャリティBOXにご来場の皆様よりいただいたチャリティ金や、チャリティオークションをはじめとする収益金の一部、公益社団法人日本プロボウリング協会及び協賛各社からのチャリティ金など、合計630万円のチャリティ金、また東日本大震災復興支援チャリティ金として計180万円が集まりました。
これら皆様からの善意を障がいをお持ちの方々の福祉向上に役立てていただくべく、京都府共同募金会を通じて京都府内の障がい者福祉施設に、中央共同募金会を通じて東北3県の障がい者福祉施設に寄付いたしました。
こうして寄付金をお渡しすることができましたのも、大会の趣旨に賛同し、ご協力くださった皆さまのおかげです。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

京都府共同募金会様に寄付贈呈
11月26日、弊社専務取締役の金本達也(写真右)より京都府共同募金会 常務理事・事務局長の和田千恵様(写真左)へ寄付贈呈

今回も寄贈先の施設を直接訪問

MK新聞6月1日号

→寄付訪問の様子はこちらからご覧いただけます。
(MK新聞 2016年6月1日号 5面)

京都府共同募金会を通じて寄付した630万円は、各施設に必要とされる福祉用具・設備に形を変え、京都府内8つの施設に寄贈させていただきました。
平成28年5月19日・20日の2日間に分けて、協賛会社を代表して弊社常務取締役・荒木一ほかMK職員、プロボウラーを代表してMKボウル上賀茂所属の石橋孝プロ、地元京都の中岸潤一プロが合計5施設を直接訪問いたしました。
施設を直接訪問する活動は今年で8年目となりましたが、「なぜ支援が必要なのか?」から「なぜその備品が必要なのか?」まで、福祉の現場を知ることで、一層理解が深まり、主催者として毎回貴重な場となっております。

東北3県の施設にも寄付

中央共同募金会を通じて寄付した東日本大震災復興支援チャリティ金180万円は、岩手県・宮城県・福島県の3施設に、それぞれ各施設に必要とされている物品に形を変え届けられました。
東日本大震災の発生から5年が経過しましたが、こうした福祉の現場からも継続的支援の必要性を毎年感じております。今後も意義あるチャリティ活動を行っていきたいと考えますので、引き続き皆様のご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

MK新聞7月1日号

→東北3県の寄付についての詳細はこちら
(MK新聞 2016年7月1日号 4面)

福祉施設・販売コーナー

大会期間中、毎日違う施設の皆様にご出店いただきました。
パウンドケーキやあられ、バウムクーヘンなど試合観戦の合間のおやつに食べられるメニューから手芸品まで、色んな商品がズラリ。

ご出店いただきました
 ・京都ふれあい工房様
 ・山科工房様
 ・HALF-TIME様
 ・京都市うずまさ学園様
 ・かめおか作業所様
ありがとうございました!

福祉施設・販売コーナー

先頭に戻る